品質表示 洗濯絵表示 

衣類の取扱い表示(洗濯絵表示)が変わります! 新しいJIS L 0001とは?

近年、衣類などの生産や流通は海外との取引が一般的になり、 また、家庭洗濯で使用する洗濯機や洗剤も多様化し、商業クリーニングの技術も進歩するなど繊維製品を取り巻く環境は大きく変化しており、それに合わせて、消費者庁が、2015年3月31日に現在(2015年12月時点)のJIS規格の品質表示「JIS L0217」から、海外でも使用されている(ISO)規格と同じ表示記号を使った新JIS「JIS L0001」を使う事を発表しました。

※消費者庁のHP http://www.caa.go.jp/hinpyo/

絵表示のそれぞれの意味に関しましては、洗濯絵表示一覧をご覧ください。

 新JISに変えるタイミング

 
 2016年12月から店頭で販売される製品から、新しい表示になるように対応します。
   ※先行して2016年12月1日より早く、新JISで販売することはできません。

 新JIS施行後は、古い洗濯絵表示が付いてる物は付け替えが必要?

 2016年11月30日までの販売分ですでに「JIS L0217」のJIS表示が付いている物は、
 付け替えの必要はありません。

 新しい取扱い表示(洗濯絵表示)のポイント
 
 基本記号と付加記号や数字の組み合わせで構成されています 

 【 5つの基本記号 】 ※下記の順番で表示されます
洗濯絵表示基本
 
 【 付加記号 強さ 】 ※基本記号の下に付加
洗濯絵表示強さ 線「-」が増えるほど弱い 

 「例」    
 
 【 付加記号 温度 】 ※基本記号の中に付加
洗濯絵表示温度 点が増えるほど温度は高い

 「例」    
 
 【 付加記号 数字 】 ※基本記号の中に付加
 数字は洗濯液の上限温度を表しています

 「例」  
 
 【 付加記号 禁止 】 ※基本記号と組み合わせて表示
基本記号と組み合わせて禁止を表します

 「例」     
 記号の種類が増えました

 22種類から41種類に増え、より細かな表示にかわります

 無くなった記号は付記用語で対応


 新JIS規格「JIS L0001」では無くなる表示

 ・中性洗剤仕様表示
 ・ネット使用表示
 ・アイロンの当て布付き表示

 ・絞り方表示

 例 洗剤は中性洗剤を使用してください 
 例 洗濯の際はネットに入れて洗ってください
 例 アイロンをかける際は、あて布をしておかけください
 例 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞る

 表現は、取扱い方の上限を表しています

 洗濯絵表示で表示されている表示は、衣類に損傷を与えない取扱い方の上限を表しています。
 ですので、表示されたよりも強い作用や高い温度で、洗濯などを行なわないようにしましょう。


色止め・洗い・サンプル1枚~大ロットまでお受け致します

品質表示作成・洗濯ネーム取り付け問い合せ
Copyright(C) PIJINC.COM All Rights Reserved.